タオルをスッキリ収納する方法

ふわふわのタオルですが、いざ収納するときにかさばってしまうのが困りもの。シーズンオフの布団類とは違ってスグに使いたいものだから身近なところにきちんと収納しておきたいですね。タオルの収納にはコツがあります。

よく見るとわかるのですがバスタオル、フェイスタオル、ハンドタオルなど名前は同じでも微妙に大きさが違う場合が多いのです。食器などと同様、違う大きさのものはすっきり収納できません。お勧めはバスタオル 通販するときに複数枚同じものを買ってそれだけを棚に並べる方法。大きさも色も同時に同じタイプのものを買ってしまえばブレがありません。ある程度の期間を決めて床拭きの雑巾に下ろすなどして、定期的にタオル全体を入れ替えられればモアベター。収納のおりかたのお勧めは贈答時のタオルのおりかたです。ただし縁のヘムがタオルの厚さを変えますので、ヘムが重ならないようにまず二つ折りにしてから三つ折にしましょう。

上下左右で厚さの差がなく、きれいに積み重ねられます。贈答品が多くて大きさなんかそろえられないわという方。もちろん一般的ですよね。その場合は上記のようにまず二つ折りにしてさらに高さを決めて折り曲げ(15センチとか20センチ程度までがお勧め)ロールケーキのようにくるくるまいて種類別に引き出し状のかごなどに入れて収納しましょう。この箱に入らない分はタオルとしては処分して雑巾などにする、など数の管理もしやすく、取り出しやすくて便利ですよ。